SMB自動資産運用ツール

SMB自動資産運用ツールの運営会社はどんな会社?怪しくない?

SMB自動資産運用ツールの運営会社はどんな会社?怪しくない?

副業はたくさんありますが、あなたは既にいくつかの副業に挑戦しましたか?

これからの時代は、投資やビジネスをやって

「自分で収入を作れる人」

が圧倒的に有利になる時代だと感じています。

大手企業であっても潰れる可能性がある時代だからこそ、自分の力で収入を作ることは非常に大切です。

今回はそんな中でも、個人的に気になっている
SMB自動資産運用ツール
という副業の、運営会社について調べていきましょう。

副業を選ぶ際には、しっかりと会社の情報をチェックしておくのも、リスクを低くするポイントになります。

公式サイトはこちら

SMB自動資産運用ツールは、どんな会社が運営している?

SMB自動資産運用ツールは、どんな会社が運営している?SMB自動資産運用ツールは、どんな会社が運営している?

まずは、どのような会社が運営しているのかを見ていきましょう。

公式サイトはこちら

特定商取引法に基づく表記

特定商取引法に基づく表記には次のように記載があります。

販売事業者の名称
株式会社SMB

運営統括責任者
山津博彰

会社ホームページ
https://s-m-b.co.jp/

所在地
〒164-0011 東京都中野区中央4-58-4

電話番号
03-5312-8145

E-mail
pr@s-m-b.co.jp

電話受付時間
月〜金 10:00〜19:00 (日祝を除く)

商品及び表現に関する注意書き
本商品及び弊社提供サービスが提示する表現や再現性には個人差があります。
必ずしも効果や利益を保証したものではございません。

会社住所や電話番号・会社ホームページなど特に怪しいと感じられるポイントはありませんでした。

公式サイトはこちら

運営会社である株式会社SMBの事業内容

このSMB自動資産運用ツールの運営会社である株式会社SMBは、主にIT関連事業を行っているようです。

特に、ソフトウェアの開発やWEBの広告代理運営まで行っており、特にWEB関連については深い知見があるように見受けられます。

最近は、IT事業をやっている会社も多いですが、IT事業の大きなメリットとしては
「能力のある人がいれば、少ない人数で大きな商品を作れる」
ということです。

土地代も必要ありませんし(開発にはパソコン一台あれば出来る)、世界中に対してサービスを提供できるIT業界は、他の業界に比べてもかなり高い収益率を出すことが可能です。

それだけに、しっかりとIT業界で収益を上げているのであれば、もしも今回のSMB自動資産運用ツールが一時的に失敗したときにも、しっかりと会社の収益があるでしょうから、ツールの利用は継続的に行える可能性があります。

運営会社が倒産しないことが最も重要な「リスク回避」

公式サイトはこちら

SMB自動資産運用ツールは会社として新しすぎる?

SMB自動資産運用ツールは会社として新しすぎる?SMB自動資産運用ツールは会社として新しすぎる?

この株式会社SMBは、

8011201021446

という番号でしっかりと法人登録されています。

国税庁のホームページを確認してみると、会社の設立は令和元年の6月となっています。

この記事を書いているタイミングの約半年前になりますが、人によっては
「会社としての実績が少ないから危険ではないか」
と考えるのではないでしょうか。

しかし、個人的には、会社の経歴の長さはそれほど関係ないと考えています。

現在、誰でも簡単に会社が作れる時代ですので、1人の経営者が複数の会社を経営しているということも少なくありません。

そのため、もしかしたら運営責任者である山津博彰さんも、色々な事業で成功されている方なのかもしれません。

公式サイトには、

「4年間投資する業界のリサーチやテストを行ってきた」

とあるため、別会社でリサーチをしていた可能性が高いです。

このSMB自動資産運用ツールでは、無料のLINE登録で情報を得ることが出来るようです。

その際に、山津博彰さん自身がこれまでどのような事をしてきた方なのかを質問してみても良いかもしれませんね。

自動で投資を行うツールということですから、そのノウハウはどのようにして作られたのかなどを知れば、より前向きにこのSMB自動資産運用ツールに挑戦したいと思うようになるかもしれませんね。

LINEで運営会社(運営責任者)と繋がれるのは、直接本人から情報を仕入れるルートが出来るので、非常に大きなメリットがある。

公式サイトはこちら

SMB自動資産運用ツールの会社情報まとめ

今回は、SMB自動資産運用ツールという副業の会社情報について見てきました。

特に怪しいと思う点はありませんでしたが、過去4年間のリサーチやテスト運用の内容を知れれば、もっとはっきりとこの副業の良し悪しが判断できるのではないかと感じています。

もしかしたら、LINEの登録後にそういった話が用意されているのかもしれません。

LINEの登録は、情報が気に入らなければ簡単にブロックすることが出来るので、

「本当に自分に必要な情報なのか」

をまずは無料で得られる情報から判断してみるのが良いのではないでしょうか。

公式サイトはこちら