サイレントワーカー

サイレントワーカーって副業どうなの?稼げる仕組み?デメリットは?

サイレントワーカーって副業どうなの?稼げる仕組み?デメリットは?

早くも2020年になりましたね。

今年は東京オリンピックというビッグイベントを控え、景気が良い業界も多いのではないでしょうか。

一方で、東京オリンピック後は、2025年の大阪万博があるとはいえ、景気が低迷すると多くの人が予想しています。

そのため、できれば東京オリンピックまでの間に副業に挑戦し、少しでも収入が作れる状態を確保できるのが理想でしょう。

今回はそんな副業の中でも、
サイレントワーカー
についてお話します。

3ヶ月収入保証という面白い制度のある副業ですので、是非チェックしてみて下さい。

サイレントワーカーってどんな副業?

サイレントワーカーってどんな副業?サイレントワーカーってどんな副業?

では、サイレントワーカーとはどのような副業なのでしょうか。

一部上場の大手企業も参入している業界

このサイレントワーカーという副業は、一部上場企業も参入している業界ということです。

その企業のサイト自体は、モザイクがかかっていますが、これらは、DMMとGMOである可能性が高いと考えられます。

これらから想像すると、このサイレントワーカーという副業は、

  • FX
  • CFD

などの投資に関連する副業である可能性があると思います。

FXは、テレビなどでも取り上げられるほどメジャーな副業ですし、CFDは金銀や石油などの実物に投資していく投資方法で、どちらも非常に人気のある方法です。

3ヶ月間収入保証がある

このサイレントワーカーという副業には3ヶ月間の収入保証がついているという事です。

もしも前項の通り投資だった場合、
「金銭的に損をする」
というのが最も不安に思うポイントですよね。

しかし、収入が保証されているのであれば、安心して副業に挑戦できるのではないでしょうか。

収入の金額を自分で選べる

収入の額を自分で選ぶことが出来るというのも、このサイレントワーカーの特徴でしょう。

通常、ビジネスの場合だと簡単に収入を上げるという選択が出来ない事が多いです。

しかし、もしも投資なのであれば、単純な話投資を行う元本が多ければそれだけで達成できる可能性があります。

投資は基本的に金額が大きい方が稼げます。

1万円に対して年利1%の投資であれば年間100円の利益ですが、
1000万円に対して同じ年利だったとすると、年間で10万円の利益になります。

それだけ、元本の金額が大きく影響してくるのが投資なのです。

自動でやってくれる可能性もあり?

このサイレントワーカーのやり方の部分では、特に作業が必要なことも書かれていませんし、口座の設定後は口座の確認だけで良さそうな説明になっています。

ということは、投資だったとすると自動的に取引をしてくれ、その結果を確認するだけで良いという可能性もあるでしょう。

そうなると、定期的に口座の金額を確認するだけなら、家にいなくても良いかもしれませんね。

サイレントワーカーという副業のデメリットはある?

サイレントワーカーという副業のデメリットはある?サイレントワーカーという副業のデメリットはある?

一見すると、作業も簡単そうですし、収入の金額が選べるということで非常に可能性のありそうな副業ですが、参加することに対するデメリットはあるのでしょうか。

勝率は100%ではない

投資において100%勝つということはありません。

どれだけ良いシステムであったとしても、勝ち負けを繰り返して収益をプラスにするのが一般的です。

そのため、金銭的なリスク自体はあると思います。

多少の元本が必要になる

投資を行う上では、多少なりとも元本が必要になります。

また、サイレントワーカー自体のツール利用料などがかかるかもしれませんので、ある程度最初の段階でお金が必要な可能性があるでしょう。

ただし、FXなどの投資は「レバレッジ」と呼ばれる非常に便利な仕組みがあり、必要になる元本が圧倒的に少なくて済む投資になっています。

このレバレッジを使えば、もしかしたら少資本でスタートできるかもしれませんね。

FXだとしたら土日は運用できない

もしもFXが運用方法だった場合、市場が平日しか開いていないため、土日には収入が無い事になります。

完全に自動ではなかった場合(自分で操作する必要があった場合)には、作業が出来る時間帯を事前に確認しておく必要があるでしょう。

サイレントワーカーはどんな副業?まとめ

今回は、サイレントワーカーという副業についてまとめてきました。

個人的には3ヶ月間収入保証という制度があるなら、副業初心者でも簡単にスタートできるのではないかと思って、かなり可能性を感じています。

もちろん、リスクもあると思いますが、具体的な情報を得るためのLINE登録に関しては、必要のない情報だと思えば簡単にブロックできますので、ぜひ一度登録してみてはいかがでしょうか。