ブースターチャレンジ

ブースターチャレンジという副業は安全なのか?客観的に見た商材内容

ブースターチャレンジという副業は安全なのか?客観的に見た商材内容

今の日本には、様々な副業が存在します。

みなさんがよく知るユーチューバーも、どんどんと多様化しており、最近は音声だけを配信するようなアプリもあったりします。

時代は進化し、内容は多様化してくるので、一言で「副業」と言っても、何をしたら良いのかわからない人も多いでしょう。

多くの人は、副業をするか否かを選ぶ際に収入や作業量といった部分に着目するかと思います。

当然ですが、短い時間で多くを稼げるのが理想だと思います。

しかし、これはアルバイトの選び方です。

副業を選ぶ際には更にいくつかの項目を考える必要があるのですが、最も重要なのが「安全性」です。

今回は、ブースターチャレンジという副業の安全性について調べていきたいと思います。

公式サイトはこちら

ブースターチャレンジの安全性を調べるのは必要?

ブースターチャレンジの安全性を調べるのは必要?ブースターチャレンジの安全性を調べるのは必要?

まずはじめに、なぜブースターチャレンジの安全性を調べる必要があるのかというお話です。

副業には、様々なリスクが存在しますが、これまでアルバイトやサラリーマンだけをやってきた人には、そのリスクが見えにくいことがあります。

アルバイトは会社に責任があるが、副業はやっている本人に全責任がある

例えば、コンビニのアルバイトでお客さんからのクレームがあっても、会社が全部対応してくれます。

しかし、副業でクレームがあれば、全て自分で対処する必要があります。

場合によっては、知らずに犯罪に手を染めてしまう可能性だってあります。

例えば、ブランド品を仕入れて販売する場合、海外から偽物を仕入れて国内販売すると、商品を販売したあなた自身に責任があることになります。

それは、たとえ仕入れの時点で騙されていたとしても関係なく、あなたの責任です。

アルバイトであれば、そういった面は事前に会社がしっかりと注意したり、契約書を用意したりしてくれますが、副業の場合にはそれがありません。

そのため、しっかりと安全性を確認しておく必要があるのです。

特にインターネットに関連する法律は変化が早い可能性があるので注意が必要

公式サイトはこちら

ブースターチャレンジの安全性は?

ブースターチャレンジの安全性は?ブースターチャレンジの安全性は?

では、ブースターチャレンジの安全性はどうなんでしょうか。

実はこのブースターチャレンジは、その副業内容が公開されていません。

その理由は運営側に聞いてみないとわかりませんが、一部ネットの情報を見ていくと、物を売買するいわゆる「物販」のシステムである可能性が出てきました。

正式に公開はされていないため、詳細は運営会社に確認すべき

ただし、この情報もどこまで本当なのかはわかりませんので、細かい内容は登録してみて確認する必要がありますが、物販自体は法律に違反するものではありません。

また、物販自体は非常に稼ぎやすいビジネスモデルです。

個人的に物販に興味があり、詳しく調べたことありますが、月に100万円以上の売上を出す方も多いようです。

他の副業に比べると結果が出やすく、商品自体は世界中に存在しており、再現性も高いと言えるでしょう。

前項でお話したように、販売モールの規約に違反していないのかや、ブランド品の偽物を販売するなどを注意しておけば大方大丈夫でしょう。

初心者に稼ぎやすいビジネスモデルが採用されている可能性が高い

公式サイトはこちら

ブースターチャレンジで気をつけるべきポイント

ブースターチャレンジで気をつけるべきポイントブースターチャレンジで気をつけるべきポイント

その他の注意点として、いくつか挙げたいと思います。

公式サイトはこちら

在庫を抱えるのかを確認しておく

もしも、このブースターチャレンジが物販系のノウハウだとすると、最も注意が必要なのが「在庫」です。

物販で最も失敗する可能性が高いのが、「不良在庫が多くなる」という事です。

物販は、基本的には全部を売り切ることが目標になります。

中には売れ残る商品も出てくるでしょうが、赤字覚悟で値引きするなど、できる限り在庫を残らないように販売する必要があります。

そのため、もしも物販系のノウハウだったとすると、どのくらいの在庫を抱える必要があるのかという点を質問しておくべきでしょう。

公式サイトはこちら

キャッシュフローを確認しておく

どのようなビジネスにおいても「キャッシュフロー」が非常に重要です。

キャッシュフローとは、資金繰りのことで、

「何日にいくらの支出(収入)があるのか」

を把握することになります。

例えば、物販などで仕入れをクレジットカードで行ったとします。

その場合、出費はクレジットカードの支払日になるでしょう。

大抵は、1ヶ月後くらいになると思います。

しかし、商品が売れて自分の手元にお金が入ってくるのが2ヶ月後だったとします。

すると、クレジットカードの支払日に売上が入っていない計算になりますので、現金を持っている必要があるでしょう。

数万円であれば大丈夫かもしれませんが、ビジネスが大きくなり、その支払が数十万円という非常に大きな金額になった時、資金繰りが厳しくなります。

会社でも、利益が上がっているのに倒産する「黒字倒産」というものがあるように、キャッシュフローをしっかりと意識しておく必要があるでしょう。

公式サイトはこちら

ブースターチャレンジは安全?まとめ

今回はブースターチャレンジという副業の安全性について見てきました。

会社や商材そのものは安全なものだと感じましたが、通常のビジネスと同様に、お金の流れや在庫といった注意点は存在します。

もちろん、それも初心者にわかりやすいようにマニュアル化されている可能性が高いですので、まずは運営会社に質問してみるのが良いでしょう。

公式サイトはこちら