DATA(データ)

DATA(データ)の運営会社は信用できる?会社情報から安全性をチェック!

DATA(データ)の運営会社は信用できる?会社情報から安全性をチェック!

副業を探す際に、会社の情報を調べることは非常に重要です。

企業が取引先を選ぶ際に身長になるのと同様に、副業選びも会社選びに重点を置くべきなのです。

例えば、業績の悪い運営会社の副業に挑戦してしまうと、結局その会社が潰れてしまえば、副業を継続できない可能性があります。

このように、副業を行う上での
「長期的な展望」
を考慮した時に、運営会社自体が副業の成功率に影響すると言っても過言ではありません。

今回はそんな中でも今回は、
DATA(データ)
についてお話します。

会社情報から、このDATAという副業の将来性について見ていこうと思います。

DATA(データ)の全体概要はこちら

DATA(データ)は初心者でも出来る理想的な副業?詳細をチェック
DATA(データ)は初心者でも出来る理想的な副業?詳細をチェック副業初心者にとって、「稼げるのか」は非常に大きな不安ですよね。DATA(データ)という副業には、収入保証というものがあるようで、サポートを含めてかなり初心者向けの内容になっている様に感じますが、その内容はどのようなものなのでしょうか。...

DATA(データ)の会社情報

DATA(データ)の会社情報DATA(データ)の会社情報

では、実際にDATAの運営会社の情報を見ていきましょう。

特定商取引法に基づく表記には次のように記載されています。

■販売社名
DIGITONIC INC.

■運営責任者
Ben Wong

■所在地
Unit B, Lot 49, 1st Floor, Block F,Lazenda Warehouse 3, Jalan Ranca-Ranca, 87000 F.T.Labuan, Malaysia.

■電話番号
+60 11 3502 6762

(受付時間 平日9時~19時 土日祝日休業)

■メールアドレス
jp.digitonic@gmail.com

■個人情報の取扱い
取得した個人情報は許可なく第三者に開示致しません。

■表現、及び商品に関する注意書き
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

必要事項がしっかりと記載されており、安心できるものになっていますね。

運営会社は海外の会社?

前項の特定商取引法に基づく表記を見てみると、電話番号が

+61

になっていますね。

この番号は、オーストラリアの番号となっています。

では、なぜ海外の会社が今回のDATAの運営会社となっているのでしょうか。

それにはいくつか理由が考えられますが、最も可能性が高いのは税法の違いではないかと思っています。

例えば、国によって雇用に関する考え方が違います。

法人税は、会社を人と同じ様に扱って、所得税などを取る法律ですが、国によっては

「法人税が安ければ海外から会社を自分の国に作りたいと考える起業家が多いかもしれない。

そうすると技術やノウハウ・お金は自国に集まるし、国内での雇用も安定して生まれる」

そう考える国もあります。

そういった国は意図的に税金を安くしたりするのです。

このように、海外と日本では法律が違うため、今回のDATAとしてはそちらの方が都合が良いのかもしれませんね。

他にも、海外の労働力の方が人件費が安い可能性があることや、会社として取引する相手がその国が多い場合などには、海外法人での立ち上げを検討する可能性がありますね。

DATAの口コミはこちら

DATA(データ)の口コミってどうなってる?信頼できる案件なのか
DATA(データ)の口コミってどうなってる?信頼できる案件なのか副業選びの1つのポイントは口コミをチェックすること。口コミが悪いものばかりだった場合には、参加を控えなくてはいけないかもしれません。このDATA(データ)という副業の口コミはどうなっているのでしょう。...

DATA(データ)の運営会社が海外なのは安心しても良いの?

DATA(データ)の運営会社が海外なのは安心しても良いの?DATA(データ)の運営会社が海外なのは安心しても良いの?

では、私達がこのDATAに参加する際に、海外法人ということはデメリットではないのでしょうか。

今回のDATAは日本人向けに用意されているので、問題なし

多くの人が海外法人との個人的な取引などは初めてでしょうから、不安に感じるのは当然でしょう。

しかし、私が思うに今回の案件に関しては、海外法人であっても全く問題ないと考えています。

というのも、公式サイトを見ればわかると思いますが、全てきちんとした日本語で記載されています。

外国人が考えた場合には、意味が分かりにくいことや、日本語としておかしい部分があると思いますが、そういった点は見られません。

何より、実際に参加した人とのLINEのやり取りが一部公開されていますが、それも全て日本語でやり取りされています。

ですので、参加者の立場から考えて、全く問題ないのではないでしょうか。

注意するべき点としては、電話で問い合わせをするときです。

海外との電話は通話料が割高になることや、オーストラリアは国土面積が大きいですから、場所によっては時間が違う可能性もあるでしょう。

電話の受付時間は
(受付時間 平日9時~19時 土日祝日休業)
と記載されていますが、これが日本時間かの記載がありませんので、もしも電話が必要になりそうであれば、事前に確認しておくと良いでしょう。

DATA(データ)の会社情報まとめ

今回は、DATAの運営会社の情報を見てきました。

しっかりとした内容の記載がありますので、個人的にはかなり安心できると思っています。

また、海外法人を用意できるということは、それだけ資金的にも余裕があると考えられます。

現地への行き来が運営会社側であるでしょうから、ある程度お金に余裕が無いと出来ないでしょうから、長期的に安定して参加できる可能性が高いでしょう。

まずはLINEの無料登録で32000円のチャンスだけでも手にしましょう。