ドラマティックチャレンジ

ドラマティックチャレンジの運営会社は信用できる?日本の会社?

ドラマティックチャレンジの運営会社は信用できる?日本の会社?

副業をスタートする際に、運営会社を確認する人は多いのではないでしょうか。

運営会社が信用のない会社である場合、参加すること自体が不安ですよね。

それ以外にも、経営状況が悪かった場合には、折角あなたの収入が波に乗ってきても、途中で会社が潰れてしまって継続できないなどの危険性もあります。

ですので、個人的には運営会社の情報を調べておくのがおすすめです。

今回はそんな中でも、
ドラマティックチャレンジ
という副業についてお話します。

このドラマティックチャレンジの運営会社はどのような会社なのでしょうか。

ドラマティックチャレンジの全体概要はこちら

ドラマティックチャレンジはセミオートシステムで稼げる副業?
ドラマティックチャレンジはセミオートシステムで稼げる副業?副業には色々ありますが、出来れば作業は最小限にしたいですよね。最近はIT技術が発達してきたので、仕事を効率化することが出来る仕組みが多数あります。ドラマティックチャレンジもその一つのようですが、どの様な副業なのでしょうか。...

ドラマティックチャレンジの運営会社は株式ライフアップ

ドラマティックチャレンジの運営会社は株式ライフアップドラマティックチャレンジの運営会社は株式ライフアップ

このドラマティックチャレンジは、運営会社が株式ライフアップという会社になっています。

特定商取引法に基づく表記には次のようにあります。

「特定商取引に関する法律」第11条に基づき、以下のとおり表示致します。

販売事業者の名称
株式会社ライフアップ

運営統括責任者
髙橋一也

会社ホームページ
http://lifeup2020.xsrv.jp/

所在地
東京都新宿区大久保1丁目1番9-513号

電話番号
03-4586-2263

メールアドレス
dramatic@d-challenge.com

電話受付時間
平日 10:00~19:00 (土日祝を除く)

商品及び表現に関する注意書き
本商品及び弊社提供サービスが提示する表現や再現性には個人差があります。
必ずしも効果や利益を保証したものではございません。

住所や電話番号もきちんと存在しますし、自社サイトもきちんと用意している会社のようで、客観的に見てもかなり安心感の持てる会社ではないでしょうか。

ドラマティックチャレンジの運営会社は安全な会社?

ドラマティックチャレンジの運営会社は安全な会社?ドラマティックチャレンジの運営会社は安全な会社?

では、この株式ライフアップという会社はどのような会社なのでしょうか。

基本的にはマーケティング関連の事業をやっている

この株式ライフアップは、マーケティングやデジタルコンテンツといったものを販売している会社のようです。

コンサルティングが事業内容に入っていることを考えると、きちんとマーケティングの実績があるからこそ他社のマーケティングを指導していると考えられます。

また、マーケティング自体はどのような会社にも必要となってくるものですので、広い人脈や多くの実績があると考えられます。

別事業がある事自体が評価対象

個人的に注目している部分としては、この株式ライフアップが、
「ドラマティックチャレンジ意外にも収入源がある」
という事です。

仮にドラマティックチャレンジが思うようにビジネス展開できなかったとして、赤字になっても別の事業がその赤字をカバーできるのであれば、ビジネスを長期的に運営することは可能です。

これが、もしもドラマティックチャレンジしか事業が存在しないような会社だった場合、よほど最初の資本金がたくさんなければ、赤字になったときの対処は出来ません。

そういった意味で、このドラマティックチャレンジはかなり安全な副業と言えるのではないでしょうか。

自社で培ったノウハウをツール化している可能性もある

全体概要でも述べましたが、

ドラマティックチャレンジはセミオートシステムで稼げる副業?
ドラマティックチャレンジはセミオートシステムで稼げる副業?副業には色々ありますが、出来れば作業は最小限にしたいですよね。最近はIT技術が発達してきたので、仕事を効率化することが出来る仕組みが多数あります。ドラマティックチャレンジもその一つのようですが、どの様な副業なのでしょうか。...

このドラマティックチャレンジのビジネスモデルの可能性として、物販などのビジネスも候補として挙げています。

物販において、「物をどの様に売るのか」は非常に重要ですし、それはマーケティングそのものです。

そのため、もしも物販系のツールだった場合には、自社のマーケティングノウハウを反映させた完全オリジナルのノウハウなのかもしれません。

会社自体も2年近く続いている

インターネットビジネスの中には、会社の歴が浅いところも多いですが、この株式ライフアップは平成30年に設立された会社のようで、既に2年近く経営されている会社のようです。

ということは、2年間きちんと別事業の利益が出ているからこそ、新しい試みとしてドラマティックチャレンジをスタートさせた可能性があります。

最近は、会社の歴が短くても、その経営者が複数の会社を運営していることも少なくありませんので、一概に言えませんが、会社の歴がある程度あるということ自体は評価できるのではないでしょうか。

ドラマティックチャレンジの会社情報まとめ

今回はドラマティックチャレンジの運営会社の情報をまとめてきました。

個人的にはかなり安心感のある会社だと感じたので、ドラマティックチャレンジ自体も安定して運営される可能性が高いのではないでしょうか。

しっかりとした会社の副業を挑戦したい人には、かなりおすすめできる案件かも知れませんね。