クラムスクール

クラムスクール(CRAM SCHOOL)の費用は無料なの?追加で支払いの可能性はある?

クラムスクール(CRAM SCHOOL)の費用は無料なの?追加で支払いの可能性はある?

副業をする人の多くが、現在既に経済的に危機感を持っている人だと思います。

将来を見据えた上で副業をしている人は少数派でしょう。

そのため、副業を選ぶ際に「無料か」を基準に選んでいる人は多いのではないでしょうか。

今回はそんな中でも、
クラムスクール(CRAM SCHOOL)
という副業についてお話します。

このクラムスクールは、無料レクチャーという事が記載されていますが、本当に費用は無料なのでしょうか。

それとも、追加で支払いが発生する可能性があるのでしょうか。

クラムスクールの全体概要はこちら

クラムスクール(CRAM SCHOOL)は稼げる副業なの?どんな内容?
クラムスクール(CRAM SCHOOL)は稼げる副業なの?どんな内容?副業には色々な種類があり、副業の内容によって稼げる金額や作業内容が変わってきます。クラムスクール(CRAM SCHOOL)という副業は月収200万円を目指せるという副業のようですが、具体的にはどの様な副業なのでしょうか。...

公式サイトはこちら

クラムスクール(CRAM SCHOOL)の費用は無料?有料になる可能性もある?

クラムスクール(CRAM SCHOOL)の費用は無料?有料になる可能性もある?クラムスクール(CRAM SCHOOL)の費用は無料?有料になる可能性もある?

では、このクラムスクールという副業の費用は必要ないのでしょうか。

公式サイトはこちら

無料レクチャーには制限があるかもしれない

無料レクチャーという記載がされていますが、このクラムスクールの運営会社自体は非営利団体では有りません。

きちんとした株式会社なわけですが、そうなると収益を上げる必要があります。

また、レクチャーをしてくれる人の人件費などもかかりますので、もしかしたら無料の部分と有料の部分があるかもしれません。

例えば、

  • やり方を教えるレクチャー部分は無料だけれど、進捗を管理したり、利益計算などはサポート費用がかかる
  • 自分で手作業でクラムスクールを行うのは無料だけど、専用のツールを購入すれば作業効率が格段に上がる

こういった可能性もあるでしょう。

公式サイトはこちら

限定30人は完全無料の可能性も

反対に、限定30人という人数が切られている事を考えると、最初の30人は完全に無料ですが、その後の参加者は費用が発生するという可能性があります。

単純にこのクラムスクールという副業が、数百人・数千人単位で参加者が見込めると運営会社が判断していた場合、最初の30人を無料にしても、その後利益が取れると考えている可能性があるでしょう。

もしもそうであるなら、無料の間にスタートできることは、非常にメリットが大きいと感じられます。

クラムスクールの安全性はこちら

クラムスクール(CRAM SCHOOL)を安全に行うためのチェックポイント
クラムスクール(CRAM SCHOOL)を安全に行うためのチェックポイント副業を行うのであれば、安全なものを選びたいですよね。金銭的な安全性もですが、時間的な安全性もしっかりと守りながら副業するべきでしょう。クラムスクールという副業の安全性はどうなのでしょうか。...

公式サイトはこちら

クラムスクール(CRAM SCHOOL)の費用は有料になれば高い?

クラムスクール(CRAM SCHOOL)の費用は有料になれば高い?クラムスクール(CRAM SCHOOL)の費用は有料になれば高い?

では、もしもクラムスクールの30人にもれてしまい、有料でも参加したいと考えた時に、どのくらいの金額の可能性があるでしょう。

一般的なインターネットビジネスの商材の相場は、30万円から50万円ほどです。

ツールが特殊なものであったり、サポートの質によって多少の変化はありますが、多くの商材がこのくらいの価格帯になっています。

個人的には、多くの費用が必要だったとしても

「それを回収できる見込みがあるなら支払うべき」

だと考えています。

例えば、クラムスクールが本当に月に200万円を稼ぐことが可能なら、仮に50万円の支払いが必要だったとしても、1週間程度で費用がペイできることになります。

初月からそんなに上手くいくとは限りませんし、売上が安定するとも限りません。

そのため、運営会社に利益構造を確認してみるのが良いです。

人によって価値観が違うので、

  • 1ヶ月でペイできれば参加する
  • 3ヶ月以内にペイできれば参加する
  • 1年以内にペイできれば参加する

というように、どのくらいの期間で元を取れるのかを計算してみましょう。

因みにカフェなどであれば3年ほどかけてゆっくり元を取るという利益のプランが一般的です。

当然ですが、無料でスタートできるのであれば、それに越したことは有りません。

そのため、もしも参加を迷っているのであれば、まずは無料登録だけでもやっておくと良いでしょう。

公式サイトはこちら

クラムスクール(CRAM SCHOOL)の費用まとめ

今回は、クラムスクールの費用面について見てきました。

無料レクチャーと公式サイトに書かれているだけに、今回の副業は無料でできるものの可能性が高いですが、場合によってはツール代やサポート代などが別途必要になるかもしれませんね。

しかし、初期費用をかけることですんなりと稼げる状況にできるなら、個人的にはある程度出費することは、前向きに捉えています。

人によってはお金を支払った方が
「早く元を取ろう」
と考えてモチベーションに繋がったり、簡単に諦めずに行動をし続ける用になるため、メリットもあると思っています。

完全に無料で始められる方がリスクは低いですが、損をしていない分やる気が出ないということもあるでしょう。

まずは無料レクチャーを受けてみて、その仕事の内容が「自分にもできそうか」という事を確認してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら