クラムスクール

クラムスクール(CRAM SCHOOL)は知恵袋で質問されてる?詳細は?

クラムスクール(CRAM SCHOOL)は知恵袋で質問されてる?詳細は?

あなたは現在貯金をできるだけの経済的な余裕があるでしょうか。

厚生労働省の出したデータによると、全世帯の15%程度が貯金が無く、高齢者や母子家庭の場合には貯金が無い世帯が更に多くなるのだそうです。

貯金が無いのは、経済的に考えてかなりプレッシャーですよね。

もしも今怪我や病気になれば、収入はなくなるわけですから、貯金がなければ借金をしなければいけなくなる可能性もあります。

そのため、出来るだけ早い段階で副業など他の稼ぎ方を検討するのがおすすめです。

今回はそんな中でも、
クラムスクール(CRAM SCHOOL)
という副業についてお話します。

知恵袋などのインターネットメディアにおけるクラムスクールの情報を見ていきましょう。

クラムスクールの全体概要はこちら

クラムスクール(CRAM SCHOOL)は稼げる副業なの?どんな内容?
クラムスクール(CRAM SCHOOL)は稼げる副業なの?どんな内容?副業には色々な種類があり、副業の内容によって稼げる金額や作業内容が変わってきます。クラムスクール(CRAM SCHOOL)という副業は月収200万円を目指せるという副業のようですが、具体的にはどの様な副業なのでしょうか。...

クラムスクール(CRAM SCHOOL)は知恵袋で話題になっている?

クラムスクール(CRAM SCHOOL)は知恵袋で話題になっている?クラムスクール(CRAM SCHOOL)は知恵袋で話題になっている?

このクラムスクールという副業は、知恵袋で話題になっているのでしょうか。

実は、知恵袋にはクラムスクールの情報が殆どありません。

クラムスクールという英単語自体が「塾」という意味のようで、英語に関する質問は多数見られる物の、副業としてのクラムスクールは検索にヒットしませんでした。

いくつか理由が考えられます。

1つは、まだクラムスクールがスタートして間もない商材だから。

クラムスクールは参加者が先着30名ということですから、現状まだ30名に達していないと考えられます。

無料レクチャーがあることを考えると、すぐに30名の枠が埋まりそうなので、まだ埋まっていないということは、スタートしてすぐの商材なのかもしれません。

その場合、まだ知恵袋などで話題になっていないのも納得でしょう。

他の理由としては、
「質問するよりも参加する方が簡単だし確実」
と考える人が多い可能性もあります。

前述したように先着30名という枠が埋まってしまう危険性や、無料レクチャーがあるという安心感から、知恵袋に質問して回答を待つよりも、実際に参加してしまった方が良いと考える人が多い場合も、知恵袋に情報が上がって来ないでしょう。

個人的にも色々な情報をネット上で探したり、質問をして回答を待つよりも、無料でできる期間を利用して
「実際に稼げるものか」
を確認する方が、情報として正確だと感じます。

クラムスクールの費用に関してはこちら

クラムスクール(CRAM SCHOOL)の費用は無料なの?追加で支払いの可能性はある?
クラムスクール(CRAM SCHOOL)の費用は無料なの?追加で支払いの可能性はある?クラムスクールという副業は、現在30名限定で無料レクチャーが受けられるという事です。ということはクラムスクールに参加する際に費用はかからないということでしょうか。もしくは更に他の部分で費用が必要になるのでしょうか。...

クラムスクール(CRAM SCHOOL)の情報を知恵袋で探さない方が良い?

クラムスクール(CRAM SCHOOL)の情報を知恵袋で探さない方が良い?クラムスクール(CRAM SCHOOL)の情報を知恵袋で探さない方が良い?

これは個人的な意見にはなりますが、クラムスクールの詳細を知恵袋で検索するのはあまりおすすめ出来ません。

理由は主に3つです。

投稿者・回答者が匿名

1つ目は、知恵袋の投稿や回答は、匿名で行えるということが挙げられます。

匿名で書き込めるというのは、確かに気軽に答えられるのでメリットもあります。

しかし、無責任な発言の原因にもなっており、本当に経験した人や専門家でもない人の意見に振り回されてしまう危険性があります。

ベストアンサーは投稿者が決める

知恵袋の仕組みとして、ベストアンサーは投稿者が決めています。

そのため、その回答自体が本当に正しいかは関係なく、投稿者の主観で正解が決められることになります。

怪しいと思って投稿した人は、自分の意見に近い
「この商材は怪しいので止めましょう」
という意見をベストアンサーにする可能性が高く、これは客観的な意見とは異なるので、注意が必要です。

参加者が少ない可能性がある

更に今回のクラムスクールに関して言うなら、先着30名という枠がありますので、実際に無料レクチャーで参加している人は多くても30人だと考えられます(あなたが最後の1人になったとして、先にスタートしている人は29人)。

たった30人の参加者の中で、誰か1人でも定期的に知恵袋を見ている人がいるでしょうか。

個人的にこの可能性はかなり低いのではないかと思います。

そのため、知恵袋には実際に参加した人が回答者として投稿してくれる可能性は限りなく低いのではないかと思うので、あまりおすすめできません。

クラムスクール(CRAM SCHOOL)の知恵袋まとめ

今回は、クラムスクールという副業の知恵袋情報をまとめてきました。

現状知恵袋には情報が集まっていませんが、無料レクチャーの参加者が30名限定なので、経験者が回答している可能性は低いでしょう。

ですので、知恵袋の情報を探し続けるくらいなら、無料レクチャーがある内にスタートしてしまって、実際に内容を確かめる方が納得いく情報が得られるのではないでしょうか。